神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
シートの塩抜き 16:35
0
    120801_081119.jpg

    海水に浸かったシート(ロープ)は真水で塩抜きをしないと、シートの強度が落ちます。このシートが実際に使われている状態です。主に追い風を受ける方向で進みたい時に比較的簡単に揚げられる帆(降りないともっと大変)、ジェネカーですが、揚げるのがスルスルと上手く揚がる時と、あちこちに絡んで風と格闘し、揚げるのを断念する時があります。強大な風の力は人間の一人や二人、簡単に空中に飛ばしてしまします。しかしこの帆を張れないと中途半端なセーリングで終わってしまいます。追い風を制する者はヨットを制すると言っても過言ではないほど難しいセール群です。また、ヨットは極めることが出来ないスポーツです。自分のスキルによって楽しさは無限大ですが、遠くに行くには技術と経験と忍耐が全然足りません。。はっきり言うと怖い・・・
    | | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    身を守る為に 17:09
    0
      マリンジェット、ジェットスキーに乗船する時は必ずこの方のようにウエットスーツを着用するようにしましょう。安易に水着で乗っている人をよく見かけますが、転倒すると水圧で肛門から水が入り、内蔵破裂で命を落とします。テレビのニュースでは取り上げられませんが、今年も多くの死者が出ています。
      | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
      念願の帆走写真 08:22
      0

        やっと船の帆走写真を撮る事が出来ました。

        マリーナのレンタルボートを借りて写真を撮ってみました。
        モータークルーザーの乗り心地は良くありません。
        あのハモりがキャビンの中で吹っ飛びました。

        走行中は飲み食いが出来ないほどです。
        やはり自分はヨットが好きです。
        | | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
        130億の船 23:02
        0


          とんでも無い大金持ちの船です。外国から横浜に来たのですが全長が50m以上あり、ここまでの船だと羨ましく無くなります!!
          しかしどんなビジネスをすればこんなメガヨットを買えるんだろう??
          | | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
          寛平ちゃん大騒ぎ!! 16:56
          0

            前線通過時の荒天で寛平ちゃん大変なようです。
            もう暖かい海域に入っているでしょうからせめてもの救いです。
            でも、本当に怖い時は声は出ません。ヒールもそんなにしていないようですし!!ご安航を祈ります。
            | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
            テストセーリング 00:18
            0
              セーリング posted by (C)amano
              真夏の悪夢から蘇った愛艇、あれから約2ヶ月半、強風下での初めてのテストセーリングです。マスト、艤装類のチューニングで見違えるような走りになりました。クローズ・ホールド (close hauld) 風上に向かって性能いっぱいに帆走する状態です。風の音がうるさいですがあしからず。。
              | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
              エンデバー Endeavour 20:40
              0

                実に美しく巨大な130ft J-Classスループヨット「ENDEAVORE」マストの高さがいかに高いかが後ろのヨットと比べると判ると思います。

                船籍:英国
                年代:1934年

                全長 35.96m
                全幅 6.78m
                深さ 4.76m
                マスト高 50.36m
                船体 6亳 スチール
                エンジン 402Ps キャタピラーエンジン

                1934年の「アメリカスカップ」第15回大会でアメリカ合衆国の防衛チーム、ニューヨーク・ヨットクラブの防衛艇「レインボー」と戦ったイングランドの挑戦艇「エンデバー」です。結果は善戦しましたが、2-4でエンデバーは敗れました。

                戦後は朽ち果てた状態で保管されていましたが、1989にオランダの造船所でレストアされ美しい船体が蘇りました。

                -- アメリカス・カップ --
                1851年、ロンドンで行われた博覧会を記念して「ワイト島一周帆船レース」が催されました。レースはイギリスの14隻とアメリカから招待され1隻の計 15隻で行われました。レースはアメリカ号の圧勝で終わり、その時持ち帰った記念のカップが後のヨットレース「アメリカスカップ」のもとになりました。第一回レースは1870年に始まり、2007年までの137年間に32回行われました。そして、そのレースは現在も続いています。

                去年もエンデバーに会いましたが、今年は間近に見ることが出来ました。

                実に美しい!!

                ピッカピカのチークのキャビン

                恐ろしく太いサイドステー

                濃紺の船体は顔が写るほどに磨き込まれています。どうしたらこのように保てるの??

                前から見たエンデバー、まるで秋刀魚のように細長い船体です。

                一抱え以上ある太さのマスト、何もかも桁違い、大きくても同じヨット、セール艤装を見ましたがメインセールはどのように揚げるのかは良くわかりません?? マストが高すぎて上の方が良く見えません。先週は無風で八景島沖に漂っていましたが、近づこうとエンジン全開で向かいましたが、メインセールを揚げ、悠々と観音崎の陰に消えて行きました。1度で良いから乗って見たい夢の船です。ちなみにチャーターもしているそうですが、24時間で$13,000だそうです!!チョット無理です(;>_<;)


                夕暮れのマリーナ、エンデバーは来月の中旬に出航予定です。
                | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
                久しぶりの海 22:34
                0

                  悪夢から、久しぶりの再会です。一部まだ治っていませんが出航には支障はありません。

                  ジブファーラーは今度はプラスチモに変え、バウスプリットを短くしてシャンパンで清めての出航です。

                  修理ヤードに寝かせた状態だと恐ろしい程に長いのですが、大自然の中で見るとそのような感じがありません。

                  秋の空にフルセール、殆ど無風、改めて初心に戻っての出航には丁度良かったかも知れません。

                  すれ違う船は速く見えますが条件は同じです。水面が西日に光って奇麗です。今日の日没は17時15分、それよりも2時間ほど早く帰港して今後の無事を祈り乾杯です。8月3日に乗ったゲストの皆さん、今度は大丈夫です。寒くなりますが懲りずに乗船下さい。
                  | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
                  バルブウイングキール 22:53
                  0

                    未だに治らない愛艇のお見舞いに行って来ました。
                    ライフラインも全て外され、生憎の雨で何もしてやれなくて、何か余計に寂しくなりました(;>_<;) 
                    後ろに写っている艇と喫水の高さを比べると如何に浅い所まで進入出来る事が可能かわかり易いかと思います。


                    他の艇のロングキールと違い、このような下で広がったミサイルのような形で水の抵抗とマストのバランスを保っています。普段は見えないけれど此処が格好いい所です。
                    見えないところに拘っても仕方がないのかな??

                    地面に置かれたマストトップから見ると付け根までを見ると、改めて風の怖さを感じます。
                    | | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
                    これは何でしょう?? 09:19
                    0

                      真っ暗なところに緑燈が一つ、30秒ごとに、緑と赤が交互に点滅します。目が良くないせいか赤よりも緑の方が確認し易いです。

                      熱海のニューさがみや

                      夜中にここの展望風呂から撮った初島の灯台でした。
                      | | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
                      | 1/3 | >>