神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
昭和初期の日本 カラー映像  00:00
0

    カラー映像による貴重な記録 「花の国」
    昭和初期の美しい日本の街並み、精神性、風習
    この目でタイムトリップして見てみたい。。

    5夜連続、明日は続き「モダン東京」をお送りします。
    | 明治 大正 昭和レトロ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    ペガサスさん
    お久しぶりです。
    昭和初期に日本人でカラーフィルムで撮影出来た人は大金持ちでしょうね!!
    アメリカのカラーフィルムは鮮明で凄いです。日本式に言うとテクニカラーは(総天然色)ですかね?
    こんな鮮明な映像が撮れる国と戦っても勝てるはずがありません。
    posted by 亀太郎 | 2011/10/05 8:46 PM |
    亀太郎さん、久しぶりのブログですね〜!

    やっぱりカラー映像って昭和初期に撮られてたんですね。
    見たのは初めてです。
    これはテクニカラーと呼ばれる撮影方法です。
    (映画タイトルにテクニカラーとあります)

    私が知っているのではアルベール・カーンが日本に写真家を派遣して
    撮ったカラー写真「オートクローム」という写真技法です。

    テクニカラーは1934年にカラー技術が出来ましたが、
    オートクロームは1903年に出来ました。
    最古のカラー写真だと1861年にのジェームズ・クラーク・
    マクスウェルの技術によって撮られました。
    カラー写真はずんぶん昔からあるんですね。
    (ただし、撮るのも手間が掛かり大変なんですが)
    posted by ペガサス | 2011/10/05 6:25 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1642694
    << NEW | TOP | OLD>>